がん保険見直し 我が家の実態

こんにちは。前回、医療保険の見直しの話をしました。今回はがん保険です。

我が家のがん保険、最初、主人が20代の頃に入って、結婚後、私も加わり、義母も加わり、数年前、義母の保障を外し、子供の分を追加して現在に至ります。

社内で団体で入ったらしい某有名ながん保険です。

約20年前に1度全体を見直ししたものの、その頃勧められた特約を全てプラスすると大部金額が高くなってしまうためか、結局中途半端にプラスした状態のまま、保険は使わずに現在に至ります。(幸い、誰もがんにならなかった)

使わなかったから気付かなかった。。。衝撃の実態が浮き彫りになったのでした。

 

がん保険って、どんなもの?

がん保険ではどんな給付金がもらえるのでしょうか?

主に以下の給付金を組み合わせた構成になっています。

主契約としては、

・ 診断給付金 : がんと診断されたとき
・ 入院給付金 : がん治療のために入院をしたとき
・ 手術給付金 : がんで所定の手術を受けたとき
・ 退院後療養給付金 : がんで入院後退院したとき
・がん高度障害保険金:がんで高度障害状態になったとき  など。


死亡保険金(がんで死亡)、死亡払戻金(がん以外で死亡)

 

この他、特約をつけるなどして、

・特定疾病診断給付金特約(がん以外の急性心筋梗塞、脳卒中含む)
・退院時にもらえる給付金
・抗がん剤治療特約
・先進医療特約
・保険料払込免除特約
・再発時の一時金(診断給付金複数回支払特約)などです。


この段階ですでに支払い条件を完全に理解するのは難しいですね。


 



 

 

入っていたがん保険の中身はこんなだった

・手術給付金は出ない
・診断給付金は1回のみ出るー初めて「がん」だと診断されたとき
・入院給付金(日数は無制限
・在宅療養型給付金ーがんで20日以上継続入院後退院して在宅療養した時出る
・通院給付金ーがんで20日以上継続入院後、がん治療のため通院した時出る
・死亡保険金(がん以外・がんで死亡それぞれ金額は違う)


 

終身タイプー一生涯払込金額は変更なし
がん(悪性新生物)を保障の対象とし、上皮内新生物は対象外
配当金・満期返戻金なし
解約時に解約払戻金があるらしいが、金額不明


 

途中で追加したところは。。。

重大疾病治療特約ー重大疾病にかかった時、一時金が出る

 

勧められたけれど、追加していなかったところ

通院保障の充実ー1日以上の入院後、通院で出る
抗がん剤治療を保障
先進医療を保障
再発時の診断給付金を保障


 

どんな時に保障が出て、どんな時に保障が出ない保険だったのか?

① がん(悪性新生物の場合)だと診断されたら診断給付金が1回出る(本人300万円だった)。同じ「がん」でも保険金が支払われない場合があります。

 

② がんの治療のために入院した場合、入院給付金が出る。

③ がんで20日以上継続入院した後でなければ在宅療養給付金も通院給付金も出ない。

 

④ 死亡保険金(がんだと本人450万円、その他の死亡払戻金は45万円)が出る

⑤ 65歳になったら、診断給付金、通院給付金、死亡保険金、死亡払戻金はそれぞれ半額になる

 

 

「悪性新生物」の他に、「上皮内新生物」という表現がよく見られます。

「上皮内新生物」だと減額されたり、全く給付が出ません。

上皮内新生物(がん細胞が臓器の表面をおおっているもので、他細胞に広がってはいないような状態)、皮膚がん(悪性黒肉腫を除く)など、がんが発見されても保険金の支払い事由にあたらない場合も多くあります。

 

早くに発見されると一時金が出ない?という、理不尽な感じがしますね。

もし、そんな症状があれば、給付金が出ないのは残念ですが、そのがん保険は解約せずそのままにした方がいいと思います。

その後、新たにがん保険に入りたくても入れない可能性が高いし、残念ながら将来新たながんが発見されるかもしれないからです。

 

 

 

20日以上継続入院って、現在の医療事情から考えると、ちょっと長すぎますよね。先に通院で治療を始める場合もあるし。

また、検査のためのカテーテル造影手術など。

手術といっても検査ですから、結果として何の病気も見つからなければ、手術費・入院費のいずれも支払い対象とはなりません。

 

そして、がんで入院が条件なので、他に持病があって、その治療もしている場合、がんで入院とはみなされない可能性が高いです(糖尿病がある場合など)。

 

そうなると、入院給付金以外は保険が下りない、ということに。。。(じゃあ、医療保険でいいじゃないか)

 

入院給付金は無制限、といっているものの、一般的には入院日数自体は短くなる傾向ですよね。

現役で働いている場合、できるだけ入院せずに治療を受ける、ということもあります。

 

 

追加した重大疾病治療特約、具体的な中身は何でしょうか。

この場合、脳卒中、急性心筋梗塞は出るけど、狭心症は出ない模様。。。

 

また、この特約、支払われる条件が難しい。。。

発病し、医師の診断を受けてから60日以上、労働の制限を必要とする状態が続いたと医師によって診断されたとき。

「労働の制限」って、外に働きに行けないことじゃないんですね。全く意味が違います。

 

保険の契約書、または約款内の文章において、一般的な文章通りに解釈すると痛い目に遭います。

もし、このように、どう解釈すればいいか、迷う余地がある文章が自分の保険内容にも書いてあった場合は、ぜひ担当者、または保険会社に確認してみることをお勧めします。

 

 

手術給付金はもともと出ない設定(何故かは不明)の保険内容ですから、検討余地がありません。

 

 

死亡保険金も、がんが直接の死亡原因かどうか、というと、なかなか難しいですね。

最後の死因は肺炎とか合併症とか、いろいろありますから。

 

 

万が一の時のために入っている保険なので、じゃあ万が一の場合、どの位保障が出るのか、考えてみると。。。

 

本当に疑問だらけです。

 

今までの支払い総額を考えると、本人の診断一時金を超えているでしょう。

毎月の支払額が小さいため、また、がん保険は医療保険より高いのは当たり前、という先入観もあって、見過ごしていたわけです。

 

今回、悪い見本代表、ということで、あえて書いています(恥~)

 

我が家の場合、終身保険なので、今後も支払い続けるか(今まで払っているのでとりあえず特約を外してその他はそのまま)または全て解約するのか?

 

 

あなたが、現在がん保険に入っている、または新たにがん保険に入り直すかどうか、考えるとします。

考える条件として、まず年齢と家族構成、ライフスタイルによるところが大きいと思います。

 

ウサぴょん
がん保険、やっぱり複雑だった

ぴよビヨ
次回、もう少しまとめてみよう

コメントを残す

このページの先頭へ