現在の状態を知ろう! 個人の損益計算書

今日は、現状を知ろう!がテーマです。では、質問!
今月のあなたの手取り収入はいくらだったでしょうか?

そして、残った金額はいくらでしたか?
すぐに答えられた方、すごいです!

136084
でも、答えられなかった方も実際に書きだして計算して
みましょう。
「 家計簿みたいなの、残してないし… 」by ウサぴょん
では、今後のために、これから始めてみては?

%e6%90%8d%e7%9b%8a%e8%a8%88%e7%ae%97%e6%9b%b8%ef%bc%88%e6%9c%88%e9%96%93%ef%bc%89

さて、収支は、どうなりましたか?

プラスになったでしょうか? それともマイナス?

プラスになった方は、実際に手元に残っている金額と
比べてみましょう。 合っているでしょうか?

合っていなくてもまだ大丈夫!(今はね)

 

計算上の金額 < 実際に残った金額

この場合は収入金額に問題がない場合、実際の支払いの
タイミングにずれがないかどうか(クレジット払いなど)が
問題なければ大きなズレはないと思うのですが・・・

計算上の金額 > 実際に残った金額

この場合、差額が使途不明金です。

136089

使途不明金が多い場合、お金は貯まりません。

◎ 本当はいくらで生活できるのか?

◎ もし、その通りなら、いくらお金を貯められるのか?

 

そして、毎月いくらで生活できているのかがわかると、
万が一、何かあった時のために一体いくら手元に
残しておけばいいのか、がわかります。

その結果、他に貯蓄や自己投資、また、将来に向けて
いくらまわせるのか(=余裕資金)がわかります。

そして、こちらは月間の「 損益計算書 」となります。
この額に年間の賞与額をプラスして、年払の支払額を
マイナスした結果が年間の収支になり、それがそのまま
貯蓄に回ったとすると、年間の資産がその分増加した
ことになります。
(資産についてはまたの機会に・・・)

でも、最初から計算上の額と実際の額がきちんと
出せる人はなかなかいないらしいですよ(#^^#)

 

コメントを残す

このページの先頭へ