家計のバランスシートを作ってみましょう

前回の記事では、個人の家計の損益計算書(P/L)
作ってみました。

今回は、個人の家計のバランスシート(貸借対照表、B/S)
作ってみましょう。

 

2つの表には共通項目があり、両方作ることによって
見えてくることがあります。

前回で作った収支の金額(表の右下)の1年間の合計額と、
今回作るバランスシートの右下の金額、つまり、

資産―負債=正味財産 の額

とは、一致することになります。(ある一定の時点で)

 

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e5%80%8b%e4%ba%ba

 

そして、バランスシートからわかることとして

すぐに現金化できるお金は?

金融資産(除く年金)―短期負債

で、見ることができます。

 

 

表の中で、いろいろ見慣れない言葉や、聞いたことは
あるんだけど、意味はよくわからない・・・
ということがあるかもしれませんが、そちらは
またの機会に!!

 

損益計算書からは、ある期間(1年間)において、

・ 結局、黒字だったのか、赤字になったのか?

バランスシートからは、ある一定の時点で、

・ 財産が多いのか?借金が多いのか?

・ 各項目の全体に対するバランスはどうなのか?

改めて表にしてみることで、わかったつもりでも
実感していなかった・・・ということもあるかもしれません。

せっかく家計簿などを記録しているなら、たまに作ってみるのも
いいかもしれないですよね。

年一回年末など、区切りの時に作ってみてはいかがでしょうか?

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%8e

 

コメントを残す

このページの先頭へ