お金を貯める方法にはこの3つしかない

こんにちは!

前回までに、損益計算書とバランスシートの話をしました。
これは、簿記・会計の基本なので、将来自分で事業を始めよう!
という方にも重要ですよ(^^)/

今日からは、しばらくこのブログのタイトルにもある、
「 お金を貯める 」が大テーマです。

お金を貯める方法には、大きく分けてこの3つしか
ありません。

節約する ・ 収入を増やす ・ 投資する

まずは、この中の 節約する がテーマです。

ウサぴょん
節約するの、苦手なんだよねー。

ぴよビヨ
ボクは割と得意かな~?


%e6%90%8d%e7%9b%8a%e8%a8%88%e7%ae%97%e6%9b%b8%ef%bc%88%e6%9c%88%e9%96%93%ef%bc%89

ブタどん
前々回のこの表の固定費のところを変えられると効果は大きいよ。

ザビエ門
そうだね。どう減らせるかは個人個人違うから、考えるところだけど。変動費はどうかな?

ブタどん
食費はがんばってやりくりしている人も多いはず。でも、減らしすぎると体に良くないから栄養バランスとの兼ね合いかな~。体壊して医療費が増えちゃったら、つらいしね。体が元気だと心も元気になるよ!

ブタどん、ありがとう!

他の交際費・被服費・娯楽費・教養費・自己投資ですが、
ここはどうでしょう?

まず、前提として・・・・

   節約効果 < 収入増加効果   
   
投資効果 < 収入増加効果
  

なんですよ。

特に、年代の若い人はタイムメリットが効きますから。
節約すれば、その時期に確かに効果はありますが、
際限なく節約するなんて無理に決まってますし、
投資にしても一攫千金的なものは全くあてになりません。

例えば、比較的安定運用として年3パーセント運用できた
として、月に換算すれば 3/12 で0.25パーセント。
だったら、自分の価値を上げて、月の収入を増やした方が
効率的。
そのための消費ならいいわけです。

これは、直接自分の価値を上げるための投資、たとえば
資格取得に限ったことでもありません。
外食は外食でも、人脈を広げるランチだったり。
いざという時に必要なスーツだったり。

まず、自己投資で収入を増やすことを考えましょう

 
また、毎朝カフェに寄っている・・・これは、自分の中で
気持ち的にどうなのか?確かめてみるといいと思います。
昼もずっと会社の中で、全く外に出られない、後は夜遅く
なって自宅に帰るだけで、朝が唯一の息抜き・・って人は
どうでしょう?

でも、そうではなくて、なんとなく使っているお金かもしれない。
それは月に換算するといくらになりますか?1年では?5年では?

「 えっ、こんな金額に(多い!)」って思ったら、それは
減らすところですよね。でも、急にゼロにするのではなく、
徐々に減らしていきましょう。段々と減らしていく方が
慣れやすいし、無理がありません。

節約って、ダイエットと似ていると思いませんか?

2 Responses to “お金を貯める方法にはこの3つしかない”

  1. えあーに より:

    こんにちは。
    ザビエ門さん、えあーにです。

    お金に関すること、興味あります。
    また訪問させてくださいね。
    楽しみにしています!

    • zabiemon より:

      えあーにさん

      こんにちは!
      これから、「楽しく、わかりやすく、正確に」
      伝えられるようにがんばりますね(^^)/

      ありがとうございます(^^)

コメントを残す

このページの先頭へ