保険について考えてみましょう

こんにちは!さて、今日は保険の話第1回目です。

以前に紹介した記事、個人の1カ月の 「損益計算書」 の中の固定費にあたります。

どんな場面に対して保険に入るのでしょうか?

427756

ウサぴょん
まだ保険入ってないよー。みんな入ってるのかなあ?

ぴよビヨ
ボクは社会人になってすぐに入ったから安心!

ブタどん
保険もいろいろあって難しいけど、2人は両極端だね・・・

ザビエ門
まずは、なぜ保険にはいるのか、考えてみましょうか?


どんな場面に備えて保険に入るべき?

A : めったに起きると思われないが、起きると
経済的ダメージが大きいこと


B : めったに起きると思われないが、起きても
経済的ダメージは少ないこと


C : よく起きると思われるが、経済的ダメージも
大きいこと


D : よく起きると思われるが、経済的ダメージは
小さいこと


この中で保険が必要なのは  です。

<死亡保障について>

自分が万が一のことがあった場合、経済的に困る
人がいるかどうか、で考えるといいでしょう。

独身者は、基本的には必要ない、と言えます。
(入る場合は収入保障保険など)

一家の大黒柱が万が一の場合の保証額を出すには
① 国からいくらもらえるのか? (公的年金)
② 会社からいくらもらえるのか?(厚生年金・企業年金など)

をまず調べてみましょう。
不足額がわかれば、保険でカバーする額がわかります。

 

コメントを残す

このページの先頭へ