○○万円の壁? 所得税と社会保険

こんにちは!

今日はよく言われている〇〇万円の壁、103万とか
130万とか、最近では106万・・・という話も聞いた
ことがあるかと思います。
そちらについて整理してみましょう。
ライフプランを考えるきっかけにもなるかも
しれませんね。

まずは103万の壁・・・というもの。

これは税金、特に所得税の話です。

サザエさんとマスオさんを例にして見てみましょう。

103%e4%b8%87%e5%86%86

103万というのは、基礎控除(全員)が38万円なので、
38万円+65万円(までは所得税がかからない)=103万円
この数字からきています。

なので、給与が103万円を超えても、配偶者の場合は
「配偶者特別控除」が段階的にあるので、急に控除が
0円になるわけではなくて、段階的に減っていきます。

控除額が0円になるのは、サザエさんの給与が141万円
以上になった時からです。

控除額は、段階的になっているので、世帯収入も段階的に
増えていきます。

但し、マスオさんの会社の配偶者手当があれば、そちらの
方の要件には注意した方がいいですね。 会社ごとに
いろいろ違うようです。

また、マスオさんが自営業でサザエさんに専従者給与を
支払っている場合、配偶者控除は受けられません。

 

では、106万円の壁とは?

2016年10月から変更になった社会保険の
加入要件の話です。

<従業員500人以下>
勤務時間と勤務日数が正社員の3/4以上

<従業員501人以上>
・ 週20時間以上
・ 1年以上雇用見込み(C)
・ 月額8.8万円以上(D)
・ 学生ではない(通信制・2部学生には適用)
この条件を全て満たす必要があります。

(C)制度開始が10月からなので、10月から
1年以上、となりますが、更新されることが
決まった、などは該当します。

(D)月額8.8万円×12カ月≒106万円、
となります。

ブタどん
サザエさんが加入要件を満たすと、サザエさんが自分で会社の健康保険や厚生年金に加入することになって、マスオさんの会社の健康保険や厚生年金の扶養から外れる・・ということなんだね。
ザビエ門
そうだね。だから、該当しそうな人はこれからどうしようかな・・と考えているんだね。
ウサぴょん
社会保険については次回も続くよ!

コメントを残す

このページの先頭へ