医療保険 入るなら

こんにちは!

前に保険の大まかな話が出ました。
今日は医療保険(含ガン保険)についてです。

医療保険は、分類すると第3分野(傷害保険・医療保険・民間介護保険・ガン保険など)になります。

この第3分野、生命保険会社だけではなく、損害保険会社でも扱っています。

6a38da5323a3bdef08fa5ef0f4a69b2b_s

 

毎年毎年、医療保険・ガン保険も様々な新商品が売り出されて内容はどんどん改定されています。

実際の医療機関では、日帰り入院なども増えて入院日数は減少傾向ですし、自由診療になってしまう先進医療も改定されれば保険診療の範囲に入っていきます。保険の方も入院1日目から保険が下りるのは当たり前になっています。

通院を特約でつけたり、現在の状況に合わない医療保険に入っている場合は見直して内容を現状に見合うものに変更したり、また、トータルで見た場合の保険料の節約も検討(年払・クレジットカード払い・○○歳払込済などの方法)してみては?

実際に保険を使う場合、保険が下りるまでの過程が各社によって様々ですので、実際に申し込む前には特に小さな字で書いてある「約款」に注意です。保険を使う状況になるかならないかは確率論になりますし、保険に頼るより日ごろの健康的な生活を送ることが大切ですが、ライフプランの変化に応じて見直しが必要でしょう。

身近にある「○○保険相談」のような窓口で生命保険と共に医療保険の相談に行かれた方も多いのかな…と思います。

医療保険、1日当たり一体いくらで設定したらいいのかな?とか、入院日数は、特約は、通院は…と考えても各社様々な保険があって、とてもじゃないけど自分で選べない。だから、「○○保険相談」に行くのももっともです。

でも、あらかじめ毎月いくら位の保険料負担までなら家計的に大丈夫なの?貯蓄で賄えないの?本当に必要なのはいくら?を考えてから行かないと、結局あれもこれも…と月々支払額が高額になってしまいます。

お肉やさんに行ったとすると・・・・

ウサぴょん
お肉買った方がいいかなあ~??
ぴよビヨ
豚肉も鶏肉も牛肉も必要ですね。ひき肉もつけると安心です!
ブタどん
・・・こんな感じ??


「国の高額療養費制度もありますし、会社の健保の傷病手当金が出ますから、マスオさんの場合は〇〇位で大丈夫ですよ…」とは言われないかも。

保険の説明をする方達が自分の扱う商品を売るのは当たり前ですから。相談に行く前に、予め考える必要がありますね。そもそも、保険って入る必要あるんでしょうか?次回に続きます。

コメントを残す

このページの先頭へ