医療保険は必要ない?

前回のつづき

医療保険、いろいろありますが、国や会社の健康保険で受けられるものは?

まずは高額療養費についてです。

高額療養費制度とは?

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、1日~末日までで 一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度。
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含まず

%e9%ab%98%e9%a1%8d%e7%99%82%e9%a4%8a%e8%b2%bb1

%e9%ab%98%e9%a1%8d%e7%99%82%e9%a4%8a%e8%b2%bb2

さらに負担を軽減するには?

世帯合算と複数回該当

%e9%ab%98%e9%a1%8d%e7%99%82%e9%a4%8a%e8%b2%bb3

%e9%ab%98%e9%a1%8d%e7%99%82%e9%a4%8a%e8%b2%bb4 厚生労働省HPより抜粋

ぴよビヨ
後でお金が返金されるのはいいけど、どうせなら最初から払うのが少ない方がいいな
ブタどん
加入する保険組合から先に「限度額適用認定証」等の認定証を発行してもらえば、窓口での支払いを上限額までにできるよ!
ウサぴょん
えっ!去年ウチも医療費多かったかも…
ザビエ門
過去、診療受けてから約2年間はさかのぼって申請できるから、至急確かめてみて
ブタどん
健康保険組合や、自治体によってはもっと負担が少なくなる場合もあるから、加入している自治体などに問い合わせてみてくださいね。
ザビエ門
所得控除の中の医療費控除とは別だよ~  

傷病手当金(被保険者のみ)

被保険者が病気・ケガで働けず給与が受け取れない場合に支給されます。
継続して3日以上休業した(待期期間)あと、4日目から1年6カ月を限度として、1日につき標準報酬日額の2/3相当額が支給されます。




意外と手厚いと思いませんか?

民間の医療保険(含ガン保険等)に入る際は、まずこの公的保証があることを頭に入れてから考えるといいですね。
短期間の入院であれば、民間の医療保険は必要ないでしょう。お金の使い道は限定されない方がいいので、貯金した方がいいですね。

私も医療保険には入っていますが、必要ないんじゃないかな?と思うことが大いにあります。なぜ入っているかというと・・・

① 利率のいい時期に入っていた終身保険の特約で医療保険に入っていた(バブル期)
② その保険を払込済みにして解約した(解約した方が総支払額が少なかったんです)→結果、医療保険なし
③ 長生きするリスクがあるので、子供に負担をかけたくないため、安心料として別の医療保険に一応入った(65歳払込済み、終身保障)

というわけです。

掛け捨ての保険だとすると、例えば月3000円保険に支払うとしても、
3,000 × 12 30年間で 1,080,000
これだけの金額が「安心料」であるわけで・・・
実際に保険を使うようなことにならない方がいいんですけど。


私がまだ現在20~30代位で、これから入るとすれば、長期の入院補償に対応しているものに先進医療特約(これは意外と安いんですよね)を付けて、もしも保険を使うことになってしまっても
補償額>支払額
になりそうなものを探すかな・・・と思います。
入ってからも、もちろん見直しは忘れずに!

コメントを残す

このページの先頭へ